寒くて乾燥した月にキティのコートを助けるための5つの冬の猫のグルーミングのヒント

雪に覆われた冬の森の丸太の猫

冬は一年で素晴らしい時期です。あなたとあなたの猫が暖炉の前の毛布の上で丸くなっている間、あなたは雪が降るのを見て、暖かいアップルサイダーのカップを飲むことができます。だが 冬 ただの居心地の良い眠い季節ではありません。また、猫が非常にユニークな冬のグルーミングのニーズに直面している可能性がある時期でもあります。

私は個人的な経験からこれを知っています。私の猫の1匹は より長い毛皮、 そして彼は冬に非常に敏感になります。私は最近、「 彼をブリトーのように包む 」それで私は彼の毛皮からいくつかのマットを切り取ることができました。おやおや、彼は大声で叫んだのか!





冬は居心地が良く暖かい時期かもしれませんが、猫の毛づくろいに関しては、いつも穏やかで静かであるとは限りません。ここにあなたとあなたの子猫のために物事を少し良くするのを助けるためのいくつかの秘訣があります。

1.猫の厚いコートをより頻繁に磨く

猫は春と秋に多くを流す傾向があります。春には冬のコートを脱ぎ捨て、秋には天候が冷え始めると、新しい冬のコートのスペースを確保するために脱ぎます。

つまり、冬の間は、寒さを防ぐために猫の毛皮が厚くなる可能性があります。一部の猫にとって、これは、到達することがたくさんあるため、自分で掃除するのにそれほど良い仕事をしていない可能性があることを意味します。



猫が脱ぎ捨てて厚い冬のコートを着ている間は、猫にもっと頻繁にブラシをかけたいと思うでしょう。これにより、毛皮が絡まってマットになるのを防ぐことができます。

ペットのブラシまたは歯の広い櫛でゆっくりと始めます。体の小さな部分を一度に1つずつ手入れし、感覚に慣れるのを助けます。

2.つや消しの毛皮に注意してください

手遅れで猫が持っている場合 つや消しの毛皮 、クリップする必要がありますが、注意してください。あなたの猫は敏感なので、毛皮を引っ張ると突然動きます。



マットも本当に痛いことがあります。敏感な部分用に設計されたペット用バリカンのみを使用し、はさみは絶対に使用しないでください。

猫の皮膚は非常に薄くなる可能性があるため、マットから出ようとしているときに皮膚を切る危険を冒したくありません。

3.彼らがより健康的な冬のコートを育てるのを手伝ってください

雪の中で長い髪の猫

バランスの取れた健康的な食事をとることで、猫がより厚く健康的な冬のコートを育てるのを助けることができます。

より健康的なコートのために特別に調合されたキャットフードを彼らに与えてください。猫が処方したオメガ3サプリメントのような必須脂肪酸は、コートがより光沢があり、より厚く成長するのを助けることができます。

もちろん、猫の食事を変更したり追加したりする前に、獣医に相談してください

4.静的ショックを回避する

雪の中を歩く猫

冬になると、猫は静電気にショックを受けやすくなります。室内暖房は空気から湿気を取り除き、より静的になりやすい寒くて乾燥した気候を残します。時々、猫をかわいがるだけで少しショックを与えることができます!

部屋に加湿器を追加することで、空気中の静電気を減らすことができます。身だしなみを整える前に、ペットの入浴用ワイプで子猫を拭き取ってください。入浴するときは、保湿シャンプーの使用を検討してください。

PetMedsによると、猫に柔軟仕上げ剤シートを使用しないでください。シートには猫に有毒な化学物質が含まれている可能性があります!

5.痛みを伴う関節に注意してください

気温が低い冬の間は、年配の猫や関節炎の猫の関節が燃え上がる可能性があります。つまり、彼らは時々痛みを感じるようになり、触るとはるかに敏感になります。それはまた、彼らが自分自身を手入れすることをいとわず、できることができないかもしれないことを意味します。

このような猫にブラシをかけたり、手入れをしたりする必要がある場合は、猫にとても優しくしてください。つや消しの毛皮をトリミングしたり、爪をクリップしたりするために「ブリトーのように包む」必要がある場合は、最初に染色機でタオルを少し温めてみてください。

すべての猫がグルーミングに参加するわけではないことを忘れないでください。特に冬は、敏感に感じたり、マットが特にひどい場合はそうです。猫が毛皮を無視しているように見える場合は、獣医に診てもらいましょう。一部の獣医は、問題のある領域を剃ったり、悪いマットを自分で切り取ったりします。

猫をプロのグルーマーに連れて行く必要がある場合でも、気分が悪くなることはありません。それは、あなたが猫の健康に気を配り、猫ができるだけ快適になるのを助けていることを意味します。

冬に猫をどのように手入れしますか?特別なトリックやテクニックはありますか?以下のコメントでお知らせください!