7月4日に猫を養子にする

(写真提供者:ゲッティイメージズ)

7月5日は動物保護施設で一年で最も忙しい日です 。全国の何千匹もの犬や猫が花火に怯え、庭や家から飛び出し、避難所にたどり着きます。人間と再会する人もいますが、そうでない人もいます。

(写真提供者:ゲッティイメージズ)

悲しいことにそして確実に動物保護施設にやってくる新しい動物のための場所を作るために、私たちは誰もがこの7月4日に猫を育てたり養子縁組したりすることを奨励したいと思います。





(写真提供者:ゲッティイメージズ)

あなたが猫を育てたり養子にしたりするとき、あなたは文字通り命を救っています。独立記念日はまた、多くの野良猫が野生で出産した後、家を探して避難所や救助に行く「子猫の季節」の終わり近くになります。

(写真提供者:ゲッティイメージズ)

猫が逃げた場合に連絡できるように、猫にマイクロチップが付いていること、首輪などに情報が記載されていることを確認してください。猫を逃げられない安全な場所に保管してください。庭で花火を放つことは避けてください。敏感な耳に近すぎます。 7月4日は赤ちゃんの安全を守り、できれば猫も養子にしましょう。

フォローする 猫を救え Facebookで猫を救うのを手伝ってください!



養子縁組セクションをご覧ください お住まいの地域で利用可能な猫のために!