猫の肛門腺疾患:症状、原因、および治療

飼い猫を調べる獣医

猫の肛門腺疾患は、肛門の両側にある2つの肛門嚢が感染または閉塞したときに発生します。肛門嚢には、猫が排便するとき、または猫が自分の領域をマークしようとするときに分泌される臭いのある液体が含まれています。

肛門腺疾患は、肛門嚢疾患と呼ばれることもあります。猫にこの病気の兆候が見られる場合は、あなたは獣医に行かなければなりません適切な診断と治療のために。





猫の肛門腺疾患の症状、原因、治療法について知っておくべきことは次のとおりです。

猫の肛門腺疾患の症状

猫の肛門腺疾患は通常、肛門とその周辺領域に関する一連の症状と問題として現れます。

最も一般的な症状には次のものがあります。



  • 床に沿って患部をこすります( スクーティング
  • 患部を舐めたり噛んだりする
  • 彼らを追いかける いつもより
  • 肛門周辺の腫れや発赤

一般的に、この病気に苦しんでいる猫はまた、彼らの日常の行動においてより攻撃的になる可能性があります。

猫の肛門腺疾患の原因

獣医を訪ねた黄色いメインクーン猫。

猫の肛門腺疾患は通常、その領域への感染または宿便によって引き起こされます。

感染症の場合、これは細菌が肛門嚢に蓄積することを許されたときに起こります。これがすぐに治療されない場合、感染症は 膿瘍 。



宿便とは、肛門嚢の管が詰まったときに何が起こるかを表す用語です。 太りすぎのネコ 影響を受けた肛門嚢に苦しむリスクが高くなります。

猫の肛門腺疾患の治療

獣医は、猫が肛門腺の病気にかかっていると疑う場合、肛門の領域に細心の注意を払いながら、完全な身体検査を行います。彼らはあなたの猫の糞のサンプルをテストすることを検討するかもしれません。ただし、ほとんどの場合、身体検査によって診断されます。

猫の状態が宿便によるものである場合、獣医は肛門嚢の中身を手で絞り出します。場合によっては、猫に麻酔薬を与えた後にこれを実行することがあります。

病気が感染症によって引き起こされた場合、獣医は抗生物質のコースも提供します。いつものように、獣医が抗生物質を処方するときは、投与量の指示に従い、コース全体を完了するようにしてください。

どちらの場合も、獣医は通常、猫が回復するときに鎮痛剤を服用します。

あなたの猫は肛門腺の病気にかかったことがありますか?あなたの獣医はあなたの子猫が回復するのを助けるためにあなたにどんなアドバイスをしましたか?以下のコメントセクションでお知らせください!