室内猫にはワクチンが必要ですか?

(写真提供者:ゲッティイメージズ)

質問:

私の猫は屋内に住んでいます。ワクチンは必要ですか?





回答:

多くの獣医のように、私は迅速で簡単な答えがあればいいのにと思いますが、猫にどのワクチンを与えるべきかという複雑な(そして時には物議を醸す)質問に対する「万能」の解決策はありません。一部の人々は、過剰ワクチン接種とワクチン関連肉腫と呼ばれる腫瘍のタイプについての懸念のために猫にワクチン接種することを躊躇します。一部の猫は獣医病院に連れて行くのが本当に難しいです。ただし、ショットをスキップする前に、猫の個々の危険因子について獣医と話し合うことが重要です。

アメリカ猫施術者協会の予防接種ガイドラインは、 子猫 に対する一連の予防接種を受ける 汎白血球減少症 、猫ヘルペス1型、カリシウイルス、 ネコ白血病 、および 狂犬病 1年後にブースターが続きます。それ以降に接種されるワクチンの種類と頻度は、猫のライフスタイルや住んでいる場所によって大きく異なります。あなたの猫が本当に100%なら 屋内 、および屋内と屋外の猫との接触がない場合、現在の推奨事項は、汎白血球減少症、ネコヘルペス1型、カリシウイルスのブースターを3年ごとに受け取り続けることです。



また、狂犬病ワクチン接種は地域の法的要件に準拠している必要があります。あなたが住んでいる場所で狂犬病が義務付けられていない場合でも、屋内専用の猫に狂犬病を与える理由は他にもあります。野生動物(特にコウモリ)があなたの家にやってくる可能性がある場合、猫が人を噛む可能性がある場合、または1年以内に猫を海外に連れて行く可能性がある場合。

猫の病気にかかるリスクがより多くのワクチンとより頻繁な予防接種を必要とする場合は、肉腫のリスクを減らす新しいタイプのワクチン(非アジュバントワクチンや経皮ワクチンなど)について獣医に相談してください。そして、病院に行きたくない猫のために、あなたのところに来る医者を見つけてください!往診の獣医は多くの地域で利用できます。