バナナの日:猫はバナナを食べることができますか?

バナナと猫

4月17日が正式にバナナデーとして認められていることをご存知ですか?学生がお弁当の定番として果物を祝う傾向にルーツがあると噂されているのは、奇妙なハッシュタグの休日です。

しかし、しようとするという考えを超えて 猫をバナナに扮する 休日を記念して、猫がバナナを食べられるかどうかという通年の問題を調べてみませんか?





あなたはおそらくそれを知って幸せになるでしょうほとんどの猫はたまにバナナを食べることができます問題はありませんが、例外があります。もちろん、すべての良いことは適度に行われるべきです、そしてあなたはいつもあなたの獣医に尋ねるべきですバナナを含む人間の食べ物を猫と共有する前に。

猫とバナナについて知っておくべきことは次のとおりです。

猫にとってのバナナの栄養上の利点

猫とバナナ

栄養の観点から、バナナはカリウムの原動力です。それが、人間の二日酔いの治療法として提案されることがある理由の一部です。



カリウムは腎臓や心臓にも最適です。

バナナもまともな繊維源です。

猫のためのバナナの栄養上の欠点

猫とバナナ

一方、バナナもかなり炭水化物が多いので、現在猫を彼らのところに連れて行くために戦いをしているのなら 理想的な体重 、炭水化物は敵になる可能性があります。



さらに、猫はタンパク質ベースの食事に最も適しているため、通常のバナナを給餌時間に追加するのが賢明な方法とは思えません。

バナナには、猫が消化に苦労する物質である砂糖も含まれています。つまり、これはバナナを通常の猫の食堂に持ち込むことに対するもう1つの印です。

猫はバナナをおやつとして食べるべきですか?

子猫とバナナ

はい、獣医から大丈夫である限り、猫は確かにバナナをスナックとして食べることができます。

バナナは猫に有毒ではないので、お気に入りの猫がバナナを少し盗んでいるのを見つけた場合、差し迫った危険や健康上の懸念はないはずです。

したがって、猫のおやつとしてバナナを試してみたい場合は、最初に小さな断片を切り取るか、ボウルにバナナをマッシュアップして、興味があるかどうかを確認してください。

バナナの木の猫

あなたの猫がバナナをこすり落とすという考えに本当に興味を持っているように思われる場合は、注意してください。時々バナナの小片が大丈夫かもしれないことを覚えておいてください。ただし、炭水化物と糖分が含まれているため、バナナは猫の食事の通常の一部になるべきではありません。

あなたの猫はあなたのバナナを一口食べたことがありますか?彼らはそれが好きでしたか?以下のコメントセクションでそれについてすべて教えてください!