猫用ベイトリル(エンロフロキサシン):用途、用量、および副作用

動物病院で子猫を診察している獣医。おそらくベイトリルを処方している。

ベイトリルは猫の感染症を治療できる薬であり、実際にはエンロフロキサシンという薬のブランド名です。それはバクテリアがDNAを合成するのを防ぐことによって働きます。そしてそれは順番にバクテリアを殺します。

Baytrilは、処方箋で入手できるFDA承認薬です。獣医によって処方されることが多い抗生物質です。ただし、注意して使用する必要があり、猫に非常に深刻な副作用をもたらす可能性があります。



常に注意深く確認してください獣医の指示に従ってください投薬および薬剤の投与のため。猫に対するベイトリルの使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです。

猫のためのベイトリルの使用

ベイトリルは、主に猫のさまざまな感染症の治療に使用される抗生物質です。これには、皮膚や耳に存在する細菌ベースの感染症が含まれます。 尿 と胃腸管、そして肺と肝臓。

技術的な観点から、獣医はグラム陰性菌とグラム陽性菌の両方を治療する能力に基づいてこの薬を処方することがよくあります。つまり、 広域抗生物質 。即効性のある薬でもあります。



猫のためのベイトリルの投与量

猫にピルを与える準備をしている獣医

正確な ベイトリルの投与量 猫に処方されるのは、治療しようとしている感染症や病気の種類、および猫や子猫の年齢やサイズなどの他の要因によって異なります。

一般的に、猫は1日あたり体重1キログラムあたり5mgを超える薬を摂取してはなりません。

一部の獣医は、1日量を12時間間隔で2回に分けて投与することを勧めています。彼らはまた、通常、猫が空腹時にそれを取ることをお勧めします。



常に獣医の投与量の指示に従ってください、そしてあなたが終わった場合、あなたの猫に一度に2回の投与を決して与えないでください 誤って服用をスキップした

猫のためのベイトリルの副作用

ベイトリルは強力で即効性のある薬です。つまり、さまざまなバクテリアと戦うのに役立ちますが、その強さと効力のために猫に損傷を与える可能性もあります。

ベイトリルの最も一般的な副作用のいくつかは次のとおりです。

  • 嘔吐
  • 発作
  • 失明(長期)
  • 食欲減少
  • 無気力
  • 下痢

この薬を猫に与える前に、猫が服用している他の薬や過去の病状について獣医に必ず伝えてください。獣医は、猫の薬に対する反応に基づいて、別の治療法を試したり、投与量を変更したりする可能性があるため、副作用を報告してください。

ベイトリルが猫に処方された経験はありますか?副作用はありましたか?以下のコメントでお知らせください!