猫用ベネドリル:使用法、投与量、および副作用

心配している母親が娘から薬を服用しています。選択的なフォーカスの概念、背景に焦点を当てます。ハイアングルビュー。ヘルスケアと医学の概念。

ベネドリルは、猫が主にさまざまなアレルギーや乗り物酔いを治療するために服用する可能性のある抗ヒスタミン薬です。実はジェネリック医薬品のブランド名です ジフェンヒドラミン

薬はヒスタミンによって引き起こされる症状を落ち着かせることによって機能します。タブレットまたはシロップの形で提供され、獣医からの処方箋なしで店頭で購入できます。





しかしながら、あなたはあなたの獣医に相談しなければなりませんあなたがあなたの猫にこれまたは任意の薬を与える前に。一部の処方は猫にとって安全ではない、他の薬との相互作用が不十分、または一部の猫に副作用を引き起こす可能性があります。正確で安全な投与量と頻度については、獣医の指示に厳密に従ってください。

の使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです 猫用ベネドリル

猫のためのベネドリルの使用

獣医師は通常、猫がさまざまな治療を行うためにベネドリルを使用することを勧めています アレルギー ネコが苦しむかもしれないアレルギー反応。彼らはまた、嘔吐の発作とともに、猫が経験するかもしれない乗り物酔いの問題を治療するためにそれを使用することを勧めるかもしれません。



一部のペットの親は、特に次の形態の治療において、鎮静効果のために薬に依存しています 不安、 花火大会や雷雨などの騒々しいイベント中の騒音不安のように。ただし、獣医がアドバイスする可能性のあるより効果的な鎮静治療法がいくつかあるため、猫にベネドリルを与える前に必ず獣医に相談してください。

薬は、くしゃみや涙目などの症状を引き起こす可能性のあるヒスタミンの効果を打ち消すことによって機能します。

猫のためのベネドリルの投与量

灰色の猫が畑の赤いポピーからくしゃみをします。 6月の開花に対するアレルギー。

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医師のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。



獣医師は一般的に処方します 猫用ベネドリル 猫の体重1ポンドあたり約1ミリグラムの投与量で。

獣医師は、正しい投与量と、錠剤を分割する方法、または薬の液体形態を測定する方法を理解するのに役立ちます。獣医がアドバイスするベネドリルの量は、猫の症状の重症度によっても異なります。

常に獣医からの正確な投与量と投与指示に従ってください。これには、猫に薬を与える必要がある時間の長さが含まれます。

猫のためのベネドリルの副作用

ベネドリル 猫にさまざまな副作用を引き起こす可能性があります。猫に現れる最も一般的な副作用は、排尿困難と眠気です。

猫が薬を飲みすぎて過剰摂取に苦しんでいると思われる場合は、すぐに緊急獣医に連絡する必要があります。

あなたの猫はベネドリルを服用したことがありますか?それは彼らのアレルギーを治療するのに役立ちましたか、それとも彼らがリラックスするのに役立ちましたか?以下のコメントセクションでお知らせください!