2011年の動物保護法の最良および最悪の州

昨日、 このサイトはラッキーについて報告しました 、ケンタッキー州で虐待された猫。動物法務防衛基金は、ブルーグラス州を動物保護法の観点から50位(最後)にランク付けしました。 2011年のレポート

ザ・ 2011年の米国の動物保護法のランキング 50州すべての動物保護法を調査し、重罪の罰則、犯罪者のメンタルヘルス評価、有罪判決による動物の強制没収など、さまざまな基準に基づいて調査結果を発表しました。





「これらの年次報告書は、各州および準州が動物保護法に関して何をしているのかを特定しています」と報告書の著者であるステファンオットーは述べています。 「ALDFが2006年にこれらのランキングの公開を開始して以来、多くの州および準州の法律が著しく進歩しました。」

動物保護法の州ランキング
2006年:2007年:2008年:
ベスト:最悪:ベスト:最悪:ベスト:最悪:
カリフォルニアハワイカリフォルニアアーカンソーカリフォルニアアーカンソー
イリノイアイダホイリノイアラスカイリノイアイダホ
メインケンタッキーメインケンタッキーメインケンタッキー
ミシガンノースダコタ州ミシガンノースダコタ州ミシガンミシシッピ
オレゴンユタオレゴンユタオレゴンノースダコタ州
2009年:2010年:2011年:
ベスト:最悪:ベスト:最悪:ベスト:最悪:
イリノイケンタッキーイリノイアイオワイリノイサウス・ダコタ
メインノースダコタ州メインミシシッピメインアイオワ
ミシガンハワイミシガンアイダホミシガンアイダホ
オレゴンアイダホオレゴンノースダコタ州オレゴンノースダコタ州
カリフォルニアミシシッピカリフォルニアケンタッキーカリフォルニアケンタッキー

出典:Animal Legal Defense Fund U.S. Animal ProtectionLawsランキング

各年次調査では、同じ州が上位5つ、つまり「最高」にランク付けされています—カリフォルニア、イリノイ、メイン、ミシガン、オレゴン。逆に、ケンタッキー州とノースダコタ州は一貫して下位5位、つまり「最悪」にランクされています。



ケンタッキー州に関しては、2011年の報告書は、獣医師が闘犬や残虐行為の疑いを報告することを禁じているのは、下位5州で唯一の州でもあると主張しています。

「私たちは来年のさらなる進歩について非常に楽観的です」とオットーは述べています。 「それにもかかわらず、多くの法域が実質的な前進を遂げているにもかかわらず、他の法域は残念ながらそうではありません。それでも、各管轄区域が現在どこにランク付けされているかに関係なく、すべての州および準州には改善の余地が十分にあります。」

レポートは各州に基づいていることに注意してください既存の法律-ないその動物保護施設の状態または救助グループや組織の行動。ザ・ 2011年のALDFドキュメント全体 で利用可能です 動物法務防衛基金のウェブサイト