猫のカリシウイルス:症状、原因、および治療

穏やかで悲しい表情でカメラを見つめている子猫のクローズアップ

猫のカリシウイルスは、上気道感染症や猫インフルエンザを引き起こすウイルスです。それは非常に伝染性があり、非常に一般的です。

猫のネコカリシウイルスはFCVと呼ばれることもあります。猫に症状が見られたら、あなたは獣医に行かなければなりません適切な診断と治療のために。





猫のカリシウイルスの症状、原因、治療法について知っておくべきことは次のとおりです。

猫におけるカリシウイルスの症状

猫のカリシウイルスは、主に猫の上呼吸器系に影響を及ぼします。

ウイルスに感染した猫に見られる一般的な症状は次のとおりです。



  • くしゃみ
  • 目やに
  • 鼻汁
  • 舌の潰瘍
  • 表示
  • 無気力な演技
  • 食欲不振

これらの症状を超えて、ウイルスは、場合によっては、猫に歯肉炎を引き起こしたり、関節の関節炎の炎症が原因で猫がぐったりしているように見えることさえあります。

猫のカリシウイルスの原因

キャットフードが入った大きなボウルと、それを見ている2匹の好奇心旺盛な猫

カリシウイルス 非常に伝染性が高く、猫の間で簡単に広がります。これは、避難所、救助、またはコロニーに住む猫がより高いリスクに直面することを意味します。

直接接触は、猫の間でウイルスを広めるための主要な方法です。これは、次のようなさまざまな方法で実行できます。



  • フードボウルとウォーターボウルの共有
  • 吸入されたくしゃみと飛沫
  • 別の猫の唾液または目と鼻の分泌物と接触する

猫を撫でて手を洗わない人間も、猫にウイルスを広める方法として示されています。

予防措置として、猫が一緒に住んでいる状況では、世話人は定期的にボウル、ベッド、共有おもちゃを洗う必要があります。

猫のカリシウイルスの治療

上気道に問題のある獣医に猫を連れて行くと、獣医が猫にカリシウイルスがあると推定される診断を下す可能性が高くなります。彼らは、検査室がテストする目と口のサンプルを通して、より具体的な診断を確認することができます。

猫のカリシウイルスの治療に関しては、獣医は抗生物質を処方することがよくあります。獣医が抗生物質を処方する場合と同様に、コース全体を完了し、指示どおりに薬を投与するようにしてください。

より極端なケースでは、獣医はカリシウイルスに苦しんでいる猫を静脈内点滴に置く必要があるかもしれません。

獣医もしばしばお勧めします 予防接種 特に、ネコがカリシウイルスにさらされる可能性のある子猫の段階では。

あなたの猫はカリシウイルスに苦しんだことがありますか?あなたとあなたの獣医はあなたの子猫をどのように扱いましたか?以下のコメントセクションで経験について教えてください。