猫はパンを食べることができますか?パンは猫にとって安全ですか?

パンを見ている猫

9月はパンファンにとって壮大な月です。サワードウスターターマンスに指定されています。これは、人間が家でパンを焼くように促すことを目的としています。

しかし、焼きたてのパンを猫と共有しても安全ですか?猫にトーストやベーグルをかじらせてもらえますか?





短い答えはイエスです、猫はパンを食べることができます、しかし、あなたがあなたの子猫とパンを共有する前にあなたが知っておくべきいくつかの例外と事柄があります。そしていつものように、あなたはあなたの猫に人間の食べ物を与える前にあなたの獣医に確認するべきです。

パンは猫にとって安全ですか?

テーブルの上のパンを見ている猫

一般的に、猫はパンを食べても安全だと考えられています。猫は特にの味に惹かれます 酵母 、多くの種類のパンを作るのに使用されます。猫がピザの皮やマフィンをこっそり食べようとしているのに気付くのはそのためかもしれません。

しかしながら、注意する必要があります猫に与えることを検討しているパンの材料をチェックしてください。



にんにく、玉ねぎ、レーズンなどのパンは間違いなくない猫に適しています。また、砂糖を多く含むパンは避けてください。

猫にとってどれくらいのパンが安全ですか?

頭にパンを持った猫

本質的に、猫は 肉食動物を義務付ける 。これは彼らの食事のほとんどが肉で構成されるべきであることを意味します。過剰なパンはもたらす可能性があります 肥満 および関連する健康問題。

猫の通常のキャットフードレジメンを超えて、せいぜい、せいぜい、 彼らの食事の10パーセント 御馳走として。パンの場合、それはあなたの指の爪のサイズの周りの立方体にすぎないことを意味します。それよりも大きいものは、猫の栄養要件を台無しにするリスクがあります。



そしてもちろん、リマインダーとして、パンを含む人間の食べ物を猫と共有する前に、獣医に尋ねる必要があります。

猫にパンを与えるとき、私は何を避けるべきですか?

トーストを見ている猫

最後に、猫の焼きたてのパンだけを提供する必要があることを覚えておくことが重要です。生の生地を食べさせないでください。

プレーントーストのスライスは猫にとっては問題ありませんが、バター、ヌテラ、ゼリー、ピーナッツバターなどのトッピングを摂取していないことを確認してください。これらは猫には良くなく、猫に有毒な人工甘味料が含まれている可能性があります。

あなたの猫はパンを楽しんでいますか?おやつとしてパンを一口食べたことはありますか?以下のコメントでそれについて教えてください!