養子縁組されたベライゾンの労働者によって救出された猫

猫 名前付き ニューヨーク州クイーンズの木で首にケーブルコードを巻いて発見されたFiosが採用されました。

だった猫 先週、ベライゾンの労働者によって救出された は、Farmingdaleファミリーの一部になりました。猫を養子にするために何十人もの応募者を打ち負かした49歳のリサ・ケリーは、以前に猫を救出しました。彼女には双子の16歳の娘がいます。





「電話を受けたとき、私たちはとても興奮していました」とケリーはNYDailyNews.comに語った。 「(Fios)はトラウマになるだろうと思っていましたが、私たちが彼を見た瞬間から彼は愛らしいものでした。私たちが最初にやろうとしていることは、彼を太らせることです!」

Fiosは先週、首に紐を巻いて飢え、木に座礁しているのが発見されました。ベライゾンの労働者は木から猫を引き抜き、ひもを切った。救助者の一人は、ひもが動物を窒息させていると主張した。