猫は50フィートの木で1週間を過ごします

大きなオレンジ色のTomcatは、最近、50フィートのテーダマツの木で1週間過ごした後、ツリーケア会社の所有者に救助されました。イベントはで発生しました キャッシュビル、バージニア州

イースタンショアツリーケアのオーナーであるロバートミスナは、SkearedKittyを地面に運びます。 (写真提供者:Michael Stephano)

猫のSkearedKittyは、近所の犬に追いかけられて手足のない木に入れられました。猫は以前は木にいましたが、なんとか降りてきました。しかし今回は、動物は降りませんでした。





猫の飼い主の隣人であるマイケル・ステファノは、猫を自分で降ろそうとしました。動物を救助するのに十分な高さのはしごを見つけることができなかったため、ステファノは木の上に向かって水を噴霧して、猫が去るのを「やる気にさせる」。そうでなければ、少なくともそれは彼を潤すでしょう。

猫は動揺しませんでした。

ステファノはまた、いくつかのロープと洗濯かごを使用しました。彼はかごに食べ物を入れ、猫が腰掛けているところまでそれを持ち上げ、動物が中に飛び込んで地面に降ろされることを望んでいました。運がない。



元消防士だったステファノは、費用と責任のために消防署を助けることができないことを知っていたため、消防署に電話をかけませんでした。動物管理も助けることができませんでした。

ステファノはついに、元米海兵隊員でイースタンショアツリーケアの所有者であるロバートミスナに電話をかけました。ミスナは過去にステファノのために仕事をし、木から動物を救助した経験があります。彼の過去の救助には、オウム、赤ちゃんワシ、そして数匹の猫が含まれます。

ミスナは同僚と装備を使って背の高い木をスケーリングし、猫が後退しようとしたときにスケアードキティをうまくつかみました。



「彼はちょうど私の腕の中で丸くなった」とミスナは言ったデイリータイムズ。 「彼はそこにいるのにうんざりしていたと思います。」彼が無事に地面に戻った後、猫は逃げました。

「それは私たちがしていることです。私たちは料金を請求しません」とミスナは言いました。 「私たちが木に登るのはごく普通のことです。猫が木に引っかかっていたら、誰かに助けてもらいたいです。」

みなさん、よくやった!