ノミ風呂のために獣医に連れて行かれた猫は最終的に安楽死させられた

ジェシー・コンロンは、母親の猫であるレディをマサチューセッツ州の獣医に連れて行き、日常のノミ風呂だと思っていました。彼がペットを連れてリトルビットという名前の2匹目の猫を降ろすために行ったとき、彼は獣医から体が欲しいかどうか尋ねられました。

ノミの治療の代わりに、レディは安楽死させられました。





による Telegram.com 、コンロンがレディをチェックインしたときに記入するために間違ったフォームを渡されたときに混乱が発生しました。

「彼らは彼に書類に記入してもらいました。ペットの基本的な情報が記載されたインデックスカードのようなものだと彼は言った」とコンロンの母親、コリーンは語った。 Telegram.com 。 「彼はそれを記入して署名し、リトルビットを手に入れるために出発しました。」

悲劇をさらに悪化させるために、レディは2010年に自動車事故で亡くなった娘からコリーンへの贈り物でした。



コンロンは、猫の死が悪意のあるものであるとは考えていませんが、怠慢です。彼女はマサチューセッツ州登録委員会と話す予定であり、司法長官事務所に苦情を申し立てました。

彼女はまた、他のペットの飼い主に、彼女の女性に何が起こったのかを避けるために、書類を注意深く再確認するように警告しています。

消費者問題とビジネス規制によると、獣医は、 博士ムハンマドマリク 、1年間に配置されました 保護観察 彼が2002年に犬の痛い足を治療した後、2005年に、「理事会が認めた実践基準に準拠していませんでした」。



復職の条件として、マリクは「放射線科と整形外科の継続教育の25時間を成功裏に完了する」必要がありました。

マリクのライセンスは1987年に発行されました。 2013年に期限切れになります。