猫用クロルフェニラミン:使用法、投与量、および副作用

灰色の縞模様の猫は、飼い主の手からピル、おそらくクロルフェニラミンを食べます

猫用のクロルフェニラミンは、獣医師がさまざまなアレルギーの症状を緩和するために主に処方する抗ヒスタミン薬です。これは、Aller-chlor、Chlor-Trimeton、Chlor-tabsのブランド名でも販売されている医薬品の総称です。

場合によっては、獣医師はこの薬を鎮静剤として処方したり、皮膚の状態のアトピーを治療するために使用したりすることができます。ヒスタミンが猫に与える影響を止めることで機能します。





猫用のクロルフェニラミンは、ほとんどの場合、錠剤の形で提供されます。獣医師はそれを処方することができます。ただし、一部の形態では店頭で入手できます。この薬は、人間が使用するためのFDA承認を受けていますが、獣医も一般的に動物用に処方しています。

あなたは簡単にできます Chewyの薬局からオンラインで猫のクロルフェニラミンを注文する 獣医の処方箋で。正確で安全な投与量と頻度については、指示に厳密に従ってください。猫に対するクロルフェニラミンの使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです。

猫のためのクロルフェニラミンの使用

獣医師は一般的に、猫が次の症状を治療するためにクロルフェニラミンを処方します アレルギー もたらすことができます。これらには、かゆみ、くしゃみ、鼻水などがあります。



これは即効性の薬であり、アレルギーにひどく苦しんでいる猫に救済を提供するのに役立ちます。ヒスタミンが猫に与える影響を減らすことで機能します。

場合によっては、獣医は、猫の皮膚が炎症を起こし、かゆみを引き起こす皮膚の問題のアトピーのためにそれを処方します。

猫のためのクロルフェニラミンの投与量

医療獣医のオフィスで猫を調べる聴診器を持つ獣医の女性のクローズアップ

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医師のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。



獣医は一般的に猫にクロルフェニラミンを 1または2ミリグラム 12時間ごとに投与されます。

獣医がこの薬を処方する場合は、常に正確な投与量と投与方法に従うことが重要です。これには、猫に薬を与える必要がある時間の長さが含まれます。

猫に対するクロルフェニラミンの副作用

クロルフェニラミンは、猫が薬を服用しているときに眠気を感じるという副作用を引き起こすことがよくあります。場合によっては、嘔吐と 下痢 副作用として現れることもあります。

猫が誤って薬を飲みすぎて過剰摂取に苦しんでいると思われる場合は、すぐに救急獣医に連絡する必要があります。場合によっては、この薬は猫の発作を引き起こす可能性があります。

あなたの獣医はあなたの猫のアレルギーを助けるためにクロルフェニラミンを処方したことがありますか?それは機能しましたか?以下のコメントセクションでお知らせください!