猫用クレマスチンフマル酸塩:使用法、投与量、および副作用

猫はいたずらで好奇心が強く、タブレットを食べる準備ができています。ペット用の薬と咀嚼コンテンツ。

猫用のクレマスチンフマル酸塩は、アレルギーが引き起こす症状を緩和するために獣医師が主に処方する抗ヒスタミン薬です。これは、Dayhist、Tavist、Antihist-Iのブランド名でも販売されている薬の総称です。

薬は、ヒスタミンが猫の体組織に及ぼす影響を止めることによって機能します。タブレット形式で提供されており、購入するには獣医の処方箋が必要です。この薬は、人間が使用するためにFDAの承認を受けていますが、獣医も一般的に動物に処方しています。





あなたは簡単にできます Chewyの薬局からオンラインで猫用のクレマスチンフマル酸塩を注文する 獣医の処方箋で。正確で安全な投与量と頻度については、獣医の指示に厳密に従ってください。

の使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです フマル酸クレマスチン 猫用。

猫のためのクレマスチンフマル酸塩の使用

獣医師は一般的に猫にクレマスチンフマル酸塩を処方して次の症状を治療します アレルギー もたらすことができます。これらには、かゆみ、くしゃみ、鼻水などがあります。



この薬は、ヒスタミンが引き起こす可能性のある炎症反応を軽減することによって機能します。場合によっては、獣医は炎症やかゆみを伴う皮膚などの皮膚の問題に対しても薬を処方します。

猫のためのクレマスチンフマル酸塩の投与量

彼の獣医クリニックで働いて、笑顔で、美しい猫をかわいがって、ハンサムな若い男性の獣医医師。愛らしい猫を調べる陽気な獣医、コピースペース

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医師のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。

獣医は一般的に処方します フマル酸クレマスチン で猫に 投与量 12時間ごとに与えられる約0.67mgの。これは、猫のサイズと体重、および症状の重症度によって異なります。



獣医がこの薬を処方する場合は、常に正確な投与量と投与方法に従うことが重要です。これには、猫に薬を与える必要がある時間の長さが含まれます。症状が早期に解消したとしても、獣医の推奨に従ってフルコースの管理を終了することが不可欠です。

猫に対するクレマスチンフマル酸塩の副作用

フマル酸クレマスチン 猫に副作用を引き起こす可能性があります。最も一般的には、猫が薬を服用しているときに行動し、眠気を感じることがあります。

場合によっては、猫も経験することがあります 下痢 副作用として。

猫が薬を飲みすぎて過剰摂取に苦しんでいると思われる場合は、すぐに救急獣医に連絡してください。

あなたの獣医はあなたの猫のアレルギーのためにクレマスチンフマル酸塩を処方したことがありますか?役に立ちましたか?以下のコメントセクションでお知らせください!