猫用クリンダマイシン:使用法、投与量、および副作用

腕に3色の猫を持つ若い女性医師獣医。背景の医療機器。クリンダマイシンを処方する場合があります。

猫用クリンダマイシンは、獣医師が骨や歯の問題を含むさまざまな感染症を治療するために処方する抗生物質です。これは、Cleocin、Antirobe、Clindacureのブランド名でも販売されている医薬品のジェネリック医薬品名です。

薬は、状態を引き起こしているバクテリアを標的にして、それが広がって成長するのを防ぐことによって働きます。





この薬を購入するには、獣医の処方箋が必要です。正確で安全な投与量と頻度については、獣医の指示に厳密に従ってください。それはタブレットの形ととしての両方で来ます 経口ドロップ 。あなたは簡単にできます Chewyの薬局からオンラインで猫のクリンダマイシンを注文する 獣医の処方箋で。

猫に対するクリンダマイシンの使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです。

猫のためのクリンダマイシンの使用

獣医師は一般に、猫がかなりの範囲の感染症を治療するためにクリンダマイシンを処方します。彼らは頻繁にそれを歯と骨の問題に対処するために処方します。



正しく投与されると、薬は問題の細菌がうまく成長するのを防ぐことによって機能します。

猫のためのクリンダマイシンの投与量

獣医の猫

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医師のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。

獣医師は通常処方します クリンダマイシン 24時間ごとに猫の体重1ポンドあたり5〜10mgの投与量の猫の場合。



あなたの獣医は、彼らが治療している正確な問題に基づいて正確な投与量を調整します。あなたの獣医はまた、治療の正しい長さを決定します。錠剤であろうと経口ドロップ形態であろうと、獣医は猫に薬を安全に投与する方法も教えてくれるはずです。

獣医によって詳述されている正確な投与量と投与の指示に常に従うことが重要です。これには、猫に薬を与える必要がある時間の長さが含まれます。症状が早期に解消したとしても、猫へのフルコースの投与を終了することが不可欠です。

猫に対するクリンダマイシンの副作用

服用する猫に現れる最も頻繁な副作用 クリンダマイシン です 嘔吐 と吐き気。多くの場合、抗生物質の投薬も原因となる可能性があります 下痢 猫で。

過剰摂取の場合は、すぐに緊急獣医に連絡してください。

あなたの猫は病状のためにクリンダマイシンを服用したことがありますか?それはあなたの猫が回復するのを助けましたか?以下のコメントセクションでお知らせください!