猫の猫伝染性腹膜炎(FIP):症状、原因、および治療

致命的な猫伝染性腹膜炎/ FIPと診断された病気の猫/子猫。体全体に広がる鈍い毛皮、無気力、黄色い目の原因に注意してください。

猫の猫伝染性腹膜炎(FIP)は、しばしば致命的なウイルス性疾患です。これは、感染した猫の腸壁の細胞を標的とするコロナウイルスによって引き起こされます。これは、人間に影響を与えるコロナウイルスと同じではありません。

FIPが猫に現れる可能性のある2つの異なる方法が実際にあります。これは、ウイルスのウェットバージョンとドライバージョンとして知られています。病気の症状は独特ではないため、検出が難しい場合があります。幸いなことに、それは非常にまれです。





あなたの猫がFIPを持っているかもしれないという兆候を見たら、あなたはすべきですすぐに獣医に相談してくださいそして彼らのアドバイスに従ってください。猫のFIPの症状、原因、治療法について知っておくべきことは次のとおりです。

猫の猫伝染性腹膜炎(FIP)の症状

猫の猫伝染性腹膜炎の症状は、しばしば 漠然とした 彼らは病気に限定されていないからです。

FIPの猫に見られる一般的な症状のいくつかを次に示します。



  • 食欲不振
  • より無気力に見える
  • 減量
  • 抗生物質の薬に反応しない熱

猫がFIPを発症した場合、実際には次の2つの病気のいずれかになります。

  • ウェットFIP:これは、猫の胸や腹部などの場所に水分がたまるため、呼吸困難を引き起こす可能性があります。
  • ドライFIP:これは、肝臓、腎臓、目、さらには猫の神経系の周りに病変を引き起こす可能性があります。

猫の猫伝染性腹膜炎(FIP)の原因

通りで自分をなめる黒と白の猫

猫の猫伝染性腹膜炎は猫コロナウイルスによって引き起こされます。多くの猫が実際にこのウイルスを持っていると推定されており、避難所でより一般的です。 コロニー 、または複数の猫が住んでいる家。

ウイルスが変異すると、FIPを引き起こす可能性があります。ただし、確率の観点からは、これはそれほど頻繁には発生しません。



FIPが伝染する主な方法は、猫の糞便です。猫が感染した糞便に触れた後、花婿や食事をすると、ウイルスを摂取する可能性があります。

猫の猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療

猫が猫伝染性腹膜炎を患っていると獣医が疑う場合、猫が実際に猫伝染性腹膜炎を患っているかどうかを調べるために、獣医が注文する可能性のあるいくつかの検査があります。しかし、猫のFIPを検出できる唯一の受け入れられた検査はありません。

残念ながら、 治癒がありません FIPの場合、95%以上のケースで致命的です。病気の乾燥した形で、獣医はおそらく猫の寿命を延ばすことができます。しかし、湿った形では、猫は通常、症状が最初に現れてから2か月以内に死亡します。

ただし、獣医は、猫が快適で、病気に対処する際の痛みをできるだけ少なくするために、ライフスタイルのヒントをいくつか勧める場合があります。

猫の感染症の予防に気をつけていますか?毛皮で覆われた家族をどのように健康に保ちますか?以下のコメントであなたの経験について教えてください。