猫用フルコナゾール:使用法、投与量、および副作用

かわいいキティの世話をしている男性の獣医、おそらくフルコナゾールを与えている

猫用フルコナゾールは、獣医師が主に真菌感染症、特に中枢神経系を標的とする感染症を治療するために処方する抗真菌薬です。また、イースト菌感染症の治療にも効果があります。 フルコナゾール は、Diflucanというブランド名でも販売されている医薬品の総称です。

薬は真菌の細胞膜を標的にすることによって機能し、それは次に真菌を殺すのを助けることができます。タブレット形式で提供され、 獣医の それを購入するための処方箋。猫用のフルコナゾールの正確で安全な投与量と頻度については、獣医の指示に厳密に従ってください。





あなたは簡単にできます Chewyの薬局からオンラインで猫用のフルコナゾールを注文する 獣医の処方箋で。猫に対するフルコナゾールの使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです。

猫のためのフルコナゾールの使用

獣医師は一般的に、真菌感染症を治療するために猫にフルコナゾールを処方します。多くの場合、猫の中枢神経系を標的とする感染症の処方箋として好まれます。

この薬は、真菌の細胞膜を標的とするプロセスを通じて真菌の増殖を阻止することで機能します。これにより、真菌の拡散を防ぐことができます。



猫のためのフルコナゾールの投与量

オフィスの彼の試験台に座っているメインクーン猫をかわいがる男性の獣医。

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医師のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。

獣医はしばしば猫のためにフルコナゾールを 50ミリグラム 毎日1回服用。ただし、正確な投与量と頻度は、獣医が治療している状態によって異なります。

獣医によって詳述されている正確な投与量と投与の指示に常に従うことが重要です。これには、猫に薬を与える必要がある時間の長さが含まれます。症状が早期に解消したとしても、ペットへのフルコースの投与を終了することが不可欠です。



猫に対するフルコナゾールの副作用

フルコナゾールは猫にさまざまな副作用を引き起こす可能性があります。薬を服用している猫に現れる最も一般的な副作用は食欲不振です。

その他の副作用には次のものがあります 嘔吐 、皮膚の発疹、黄疸。

猫が薬を飲みすぎて過剰摂取に苦しんでいると思われる場合は、すぐに緊急獣医に連絡する必要があります。

あなたの獣医はあなたの猫の感染症を治療するためにフルコナゾールを処方したことがありますか?それはあなたの猫が回復するのを助けましたか?以下のコメントセクションでお知らせください!