猫用グリセオフルビン:使用法、投与量、および副作用

小さな女の子と彼女の母親がかわいい猫を抱きしめながら、若い獣医がペットのためのグリセオフルビンの丸薬を見せています

猫用グリセオフルビンは、獣医師が主に白癬やその他の髪の毛や皮膚の感染症を治療するために処方する抗真菌薬です。これは、フルビシンとグリセオフルビンのブランド名でも販売されている薬の総称です。

薬は真菌の成長と拡散を防ぐことによって機能します。錠剤と経口懸濁液の両方の形態で提供され、購入するには獣医の処方箋が必要になります。正確で安全な投与量と頻度については、獣医の指示に厳密に従ってください。





の使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです グリセオフルビン 猫用。

猫のためのグリセオフルビンの使用

獣医師は一般的に、白癬の症例を治療するために猫にグリセオフルビンを処方します。抗真菌薬は、猫の髪、皮膚、爪を標的とする同様の真菌感染症を治療することもできます。

正しく投与されると、薬は真菌の成長を防ぐことによって機能します。ただし、猫の副作用の可能性が高いため、獣医師は代替治療を求め、グリセオフルビンを処方しない場合があります。



猫のためのグリセオフルビンの投与量

猫を調べる獣医

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医師のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。

獣医師は通常 グリセオフルビンを処方する 24時間ごとに与えられる動物の体重のポンドあたり25mgの投与量で。

獣医は、治療している真菌感染症の重症度と広がりに基づいて、猫に薬を処方します。また、治療期間も決定します。



獣医によって詳述されている正確な投与量と投与の指示に常に従うことが重要です。これには、猫に薬を与える必要がある時間の長さが含まれます。

猫のためのグリセオフルビンの副作用

グリセオフルビン 猫にさまざまな副作用を引き起こす可能性があります。副作用には、嘔吐、食欲不振、および 下痢 。薬は先天性欠損症を引き起こす可能性もあり、処方されるべきではありません 妊娠中のネコ

過剰摂取の場合は、すぐに緊急獣医に連絡してください。

あなたの猫は病状のためにグリセオフルビンを服用したことがありますか?それはあなたの猫が真菌感染症から回復するのを助けましたか?以下のコメントセクションでお知らせください!