猫の肝脂肪症(脂肪肝疾患):症状、原因、および治療

猫を調べる獣医

猫の肝脂質症は、肝臓が通常の解毒と代謝機能を実行するのを妨げる病気を指します。猫が食べるのをやめる原因となる可能性があり、早期に治療しないと致命的となる可能性があります。

猫の肝脂質症は、脂肪肝疾患とも呼ばれます。猫に症状が見られる場合は、あなたは獣医に行かなければなりません適切な診断と治療のために。





肝リピドーシスの症状、原因、治療法について知っておくべきことは次のとおりです。

猫の肝脂肪症の症状

猫の肝脂質症の症状は、一般的に猫が食欲不振を示すことから始まります。

猫のさらなる症状は次のとおりです。



  • 顕著な体重減少
  • 嘔吐
  • 無気力
  • 日常生活からの離脱
  • 過剰な唾液分泌
  • 黄疸

猫の肝脂肪症の原因

獣医と猫は獣医の屋内にいます

猫の肝脂質症は、猫が食べるのをやめると現れます。順番に、彼らの体はそれ自身の脂肪細胞に依存し始めます エネルギー

関連する原因には次のものがあります。

  • ストレスの多いまたは突然の環境変化
  • 肝臓または 腎臓病
  • 膵炎

猫の肝脂肪症の治療

あなたの猫が肝脂質症に苦しんでいると獣医が疑う場合、彼らは身体検査を行い、最近の生活について質問したり、 環境の変化 それは猫の苦痛を引き起こしたかもしれません。



また、血液検査と尿検査を注文し、場合によっては超音波検査を提案することもあります。

多くの場合、獣医は猫の首に栄養チューブを挿入して、十分な餌をとることができます。脱水症状が始まった場合、獣医は静脈内に水分を投与する必要があるかもしれません。

最終的に、治療が成功した後、猫が再びボウルから正常に食べ始めると、獣医は栄養チューブを取り外すことができます。

あなたの猫は肝臓の脂質症に苦しんだことがありますか?あなたの獣医はあなたの猫の脂肪肝疾患をどのように治療しましたか?以下のコメントセクションでお知らせください。