猫の炎症性腸疾患(IBD):症状、原因、および治療

ドイツのノイウルムで撮影した写真

猫の炎症性腸疾患は、腸が慢性的に炎症を起こす原因となる状態です。多くの場合、IBDと略されます。

IBDによって引き起こされる炎症は、消化管のどの領域が影響を受けているかに応じて、さまざまな名前で進行する可能性があります。結腸が冒されている場合は大腸炎、胃が冒されている場合は胃炎、小腸が冒されている場合は腸炎と呼ばれます。





猫にIBDの兆候が見られる場合は、あなたは獣医に行かなければなりません適切な診断と治療のために。症状、原因、治療法について知っておくべきことは次のとおりです 炎症性腸疾患 猫で。

猫の炎症性腸疾患の症状

猫の炎症性腸疾患の主な症状は体重減少です。

体重減少に加えて、以下の症状もIBDの猫に現れる可能性があります。



  • 嘔吐
  • 下痢
  • いつもより多かれ少なかれ食べ物を食べる

一般的に、IBDに苦しむ猫はまた、より引きこもり、無気力になる可能性があります。

猫の炎症性腸疾患の原因

ボウルから食べるメインクーン猫

猫の炎症性腸疾患の正確な原因はよくわかっていません。

研究によると、猫の腸内の食事、免疫系、細菌がすべて役割を果たす可能性があり、これらの要因が相互作用する方法の結果としてIBDが発症する可能性があります。



研究はまた、IBDが高齢または成熟した猫に影響を与える可能性が高いことを示しています。ただし、この状態を発症するリスクが高いと考えられる品種はありません。

猫の炎症性腸疾患の治療

治療に関しては 炎症性腸疾患 、あなたの獣医は最初に特定の他の一般的な状態を除外することによってあなたの猫を診断しようとします。このプロセスは、除外の診断として知られています。

獣医が除外したい他のいくつかの問題は次のとおりです。

  • 腸内寄生虫
  • ウイルス感染症
  • 食物アレルギーまたは 不寛容

実験室の血液検査は、獣医がこれらの状態を除外するのに役立ちます。その後、獣医は腸で何が起こっているのかを調べるために超音波検査や生検を提案するかもしれません。

獣医はコルチコステロイドを処方する場合がありますが、獣医は猫の食事を変更することがIBDを管理するための最良の方法であると考えることがよくあります。獣医は、猫の食事の変更を計画するのに役立ちます。これは、すべての食事や食品のブランドではなく、ペットの特定のニーズに基づいて行われます。

あなたの猫はIBDに苦しんだことがありますか?あなたの獣医はあなたの猫の食事を変えるようにあなたにアドバイスしましたか?以下のコメントセクションでお知らせください!