猫の腸内寄生虫:症状、原因、および治療

猫用トイレ

猫の腸内寄生虫は、一般的に猫が虫の卵や虫の幼虫を摂取したときに現れます。これは通常、猫が感染した糞便に足を踏み入れた後、花婿になるときに起こります。

腸内寄生虫の蔓延は猫の一般的な状態です。それは子猫にとってより深刻になる可能性があります。幸いなことに、獣医はこの問題を頻繁に、そして適切に扱います 予防策 、猫がワームを取得する可能性を減らすことができます。





猫に腸内寄生虫がいる可能性がある兆候が見られる場合は、あなたに相談する 獣医 適切な診断と治療方針のために。猫の腸内寄生虫の症状、原因、治療法について知っておくべきことは次のとおりです。

猫の腸内寄生虫の症状

猫の腸内寄生虫の蔓延は、猫の食生活や排便習慣によく見られる症状です。症状をメモし、適切な診断のために獣医に相談することが重要です。

腸内寄生虫のいる猫に現れる可能性のある一般的な症状のいくつかを次に示します。



  • 下痢
  • 食欲がない
  • 嘔吐

猫の腸内寄生虫の原因

猫とマウスが向かい合っている

猫の腸内寄生虫の主な原因は、虫の卵や幼虫を食べることです。これが起こる可能性のあるいくつかの方法があり、それらはしばしば日常の猫の生活の中で発生します。

ザ・ 回虫 ネコ科の腸内寄生虫の最も一般的なタイプですが、フックワームやサナダムシなどの他の種類も存在します。

猫の腸内寄生虫の考えられる原因は次のとおりです。



  • 感染した糞便に足を踏み入れた後、身だしなみを整える猫
  • ワームの幼虫を運ぶ害虫を食べる猫
  • 感染した母猫に育てられている子猫

猫の腸内寄生虫の治療

猫にワームがいると思われる場合は、獣医が猫を調べてから、通常は 糞便サンプル 。これには、便のサンプルをラボに送ることが含まれる場合があります。他の場合には、獣医は血液検査を注文することもあります。

あなたの獣医があなたの猫が腸内寄生虫に苦しんでいることを確認した場合、経口薬はその状態を治療するための最も一般的な方法です。猫の腸内寄生虫の薬は、若い子猫にとっても安全であると考えられています。

あなたの獣医は、あなたの猫に腸内寄生虫がいないことを確認するために、治療の過程の後に繰り返し便のサンプルを注文します。また、ワームの幼虫や卵にさらされないように猫を屋内に保つなど、ライフスタイルの変更を提案する場合もあります。

あなたはあなたの猫の腸内寄生虫に対処しましたか?あなたの獣医はそれをどのように扱いましたか?以下のコメントでそれについて教えてください!