猫用ケトコナゾール:使用法、投与量、および副作用

ベージュの猫は手から薬の丸薬、おそらくケトコナゾールを食べます。手に座っています。

猫用ケトコナゾールは、獣医師が主に真菌感染症の治療に処方する抗真菌薬です。これは、Nizoralというブランド名でも販売されている薬の総称です。

薬は、猫の副腎でコルチゾールが形成されるのを防ぐことによって機能します。タブレット形式で提供され、購入するには獣医の処方箋が必要です。正確で安全な投与量と頻度については、獣医の指示に厳密に従ってください。





あなたは簡単にできます Chewyの薬局からオンラインで猫用のケトコナゾールを注文する 獣医の処方箋で。の使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです ケトコナゾール 猫用。

猫のためのケトコナゾールの使用

獣医師は一般的に、真菌感染症を治療するために猫にケトコナゾールを処方します。ただし、この薬は猫に副作用を起こすリスクがあるため、獣医は猫用の他の薬に頼ることがよくあります。

獣医は、猫の体がコルチゾールを過剰に産生するまれな状態であるクッシング病の治療にも使用することがあります。



この薬は、猫の副腎にコルチゾールが形成されるのを防ぐことで作用します。

猫のためのケトコナゾールの投与量

獣医と猫は獣医の屋内にいます

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医師のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。

獣医師は通常処方します ケトコナゾール 動物の体重1ポンドあたり2.5〜5 mgの投与量の猫の場合。ただし、治療が必要な真菌感染症の状態や重症度、広がりに応じて、投与量は大幅に増減する可能性があります。



あなたの獣医は適切なを決定します 投与量 個々の猫の治療期間。猫に薬を投与するときは、猫が十分な水を飲んでいることを確認することも重要です。

獣医によって詳述されている正確な投与量と投与の指示に常に従うことが重要です。これには、猫に薬を与える必要がある時間の長さが含まれます。症状が早期に解消したとしても、獣医からやめるように言われない限り、猫への薬の全コースの投与を終了する必要があります。

猫に対するケトコナゾールの副作用

ケトコナゾールは猫にさまざまな副作用を引き起こす可能性があります。ケトコナゾールの一般的な副作用には、吐き気、 嘔吐 、減量、および 下痢

場合によっては、この薬は猫の肝臓毒性にも寄与する可能性があります。一般的に、妊娠中のネコはこの薬を服用すべきではありません。

猫が誤って薬を飲みすぎて過剰摂取に苦しんでいる場合は、すぐに救急獣医に連絡してください。

あなたの獣医は真菌症のためにあなたの猫にケトコナゾールを処方したことがありますか?それはあなたの猫が回復するのを助けましたか?以下のコメントセクションでお知らせください!