猫用ラクサトーン:使用法、投与量、および副作用

白いキルトと枕の背景をぼかします。

猫用ラクサトーンは、獣医師が毛玉の予防と除去を助けるために通常処方する薬です。猫が飲み込んだ髪の毛をコーティングして潤滑することで機能し、猫の消化器系をより簡単に通過できるようにします。

薬はゲルの形で来て、下剤効果があります。獣医師はそれを処方することができますが、市販薬としても利用できます。しかしながら、あなたはあなたの獣医に相談しなければなりませんいつものように、猫に薬を与える前に





あなたは簡単にできます Chewyからオンラインでlaxatoneを購入する 。投薬量と薬の投与については、獣医のアドバイスに厳密に従ってください。

猫に対するラクサトンの使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです。

猫のためのラクサトーンの使用

猫用のラクサトーンは、主に毛玉に関する問題の治療に使用されます。



定期的な身だしなみやブラッシングは毛玉を防ぐのに役立ちますが、猫がそれを摂取すると、髪は胃に蓄積する可能性があります。ラクサトーンは、蓄積した髪をコーティングして消化器系を通過させることで機能する潤滑剤です。

薬はゲルの形で提供され、主に猫の足や鼻に置いて興味を刺激することで投与されます。その後、猫はゲルをなめて摂取することができます。マグロやカエデなど、さまざまなフレーバーが用意されているため、さまざまな猫にアピールできます。

猫のためのラクサトーンの投与量

猫をとかした後の羊毛の断片

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。



の通常の投与量 ラクサトーン 猫の場合、最初の2〜3日間は、毎日小さじ半分から小さじ1杯の間です。その後、週に2、3回与えられると、小さじ1/4から小さじ1/2の間のどこかに投与量を減らすことができます。

猫の足や鼻にジェルを塗ることができます。製品の匂いはほとんどの猫にアピールし、それを食べるように誘惑するはずです。

あなたの獣医が薬を処方または推奨している場合、あなたは彼らの投与量と投与の指示に正確に従う必要があります。これには、猫に薬を与えることを勧める時間の長さが含まれます。

猫のためのラクサトーンの副作用

一般に、 ラクサトーン 猫にとって安全なマイルドな製品と考えられています。薬に関連する広く報告された副作用はありません。

ただし、薬を与えた後は猫に細心の注意を払い、有害な副作用に気付いた場合は獣医に連絡する必要があります。

すべての薬と同様に、アレルギー反応のリスクがあり、一部の猫ではアナフィラキシーのリスクがありますが、これらはまれです。アレルギー反応の兆候が見られた場合は、すぐに獣医に連絡してください。

あなたの猫はラクサトーンを飲んだことがありますか?それはあなたの猫が彼らの毛玉を通過するのを助けましたか?以下のコメントセクションでお知らせください!