猫用メロキシカム:使用法、投与量、および副作用

獣医のテーブル、背景に薬を保持している獣医の美しいオレンジ色の子猫のクローズアップ

猫用メロキシカムは、獣医師が関節の炎症や痛みに関連する問題を治療するために処方する非ステロイド性抗炎症(NSAID)薬です。これは、Mobicというブランド名で人間が使用するためにも販売されている薬の総称です。

この薬は、猫に炎症や痛みを引き起こす可能性のあるホルモンを減らすことによって作用します。猫用の注射または経口液体の形で提供され、購入するには獣医の処方箋が必要です。



あなたは簡単にできます Chewyの薬局からメロキシカムをオンラインで注文する 獣医の処方箋で。正確で安全な投与量と頻度については、指示に厳密に従ってください。

の使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです メロキシカム 猫用。

猫のためのメロキシカムの使用

獣医師は一般的に処方します メロキシカム 猫のためには、以下を含む筋骨格系障害によって引き起こされる痛みや炎症の問題を治療することです 変形性関節症

調停は、猫の痛みを引き起こす可能性のあるホルモンの影響を減らすのを助けることによって機能します。

猫のためのメロキシカムの投与量

猫を調べる獣医

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医師のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。

メロキシカム 猫の場合、注射または経口液の形で提供されます。経口剤の場合、獣医師は通常、24時間に1回投与される猫の体重1ポンドあたり0.01〜0.045mgの投与量を処方します。

獣医は、より強い初期用量に続いてより低い用量を推奨する場合があります。獣医が推奨する正確な投与量と投与手順に常に従うことが重要です。これには、猫に薬を与える必要がある時間の長さも含まれます。

症状が早期に解消したとしても、獣医からやめるように言われない限り、猫への薬の投与をすべて終了することが不可欠です。

注射剤の場合、獣医師が正しい投与量(通常は体重1ポンドあたり約0.136 mg)を決定し、注射を自分で行います。

猫のためのメロキシカムの副作用

メロキシカムは、嘔吐を含む猫の副作用を引き起こす可能性があります。 下痢 、そして食欲不振。腎臓に問題のある猫の場合、獣医師は一般的にこの薬を避けることをお勧めします。

猫が薬を飲みすぎて過剰摂取に苦しんでいると思われる場合は、すぐに緊急獣医に連絡する必要があります。

あなたの獣医はあなたの猫が関節痛の問題を克服するのを助けるためにメロキシカムを処方したことがありますか?それはあなたの猫が回復するのを助けましたか?次に、下のコメントセクションでお知らせください。