猫用メトクロプラミド:使用法、投与量、および副作用

ウィスカーズ色のスコットランドの猫。猫は白い背景でVeteneurから薬の投与量を受け取り、分離します

猫用メトクロプラミドは、獣医師が主に嘔吐や吐き気、逆流症に関連する問題を治療するために処方する薬です。これは、MaxolonおよびReglanのブランド名でも販売されている薬の総称です。

薬は猫の胃と消化器系を落ち着かせ、正常化するのを助けることによって機能します。人間による使用はFDAに承認されていますが、獣医も一般的に猫に処方しています。薬は錠剤の形で提供され、購入するには獣医の処方箋が必要です。





あなたは簡単にできます Chewyのオンライン薬局から猫用のメタクロプラミドをオンラインで注文する 獣医の処方箋で。正確で安全な投与量と頻度については、指示に厳密に従ってください。

の使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです メトクロプラミド 猫用。

猫のためのメトクロプラミドの使用

獣医師は一般的に、猫が次のような問題を治療するためにメトクロプラミドを処方します 嘔吐 、逆流、および吐き気。



この薬は、猫の胃と消化器系を正常化するとともに、猫の脳に影響を与えて吐き気を防ぐのに役立ちます。

猫のためのメトクロプラミドの投与量

女性と男性は病歴猫を書きます。獣医クリニックのコンセプト。動物、ペットの健康と治療のための医師のサービス

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医師のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。

獣医師は通常、猫の体重1ポンドあたり約0.1 mgのメトクロプラミドを処方し、通常は1回に1回投与します。 6〜8時間 。猫にこの薬を与えるときは、常に十分な水を猫に与えるようにしてください。



獣医師が推奨する正確な投与量と投与手順に常に従うことが重要です。これには、猫に薬を与える必要がある時間の長さが含まれます。

症状が早期に解消したとしても、獣医が中止するように指示するまで、薬の全コースを投与し続ける必要があります。

猫に対するメトクロプラミドの副作用

メトクロプラミドは、以下を含む一部の猫に副作用を引き起こす可能性があります 下痢 、めまい、および通常よりも頻繁に排尿。

顔のむくみや呼吸の問題など、この薬を服用した後に猫にアレルギー反応の兆候が見られる場合は、すぐに救急獣医の診察を受けてください。

猫が薬を飲みすぎて過剰摂取に苦しんでいると思われる場合は、すぐに緊急獣医に連絡する必要があります。

あなたの獣医はあなたの猫が胃や消化器系の問題に対処するためにメトクロプラミドを処方したことがありますか?それはあなたの猫が回復するのを助けましたか?以下のコメントセクションでお知らせください!