ニューヨークの指揮者が線路から猫を救う

による NYDailyNews.com 、ニューヨークの線路の真ん中に座っている猫は、車掌によって特定の死から救われました。サンチップバッグが頭にかぶっていたため、動物は動くことができませんでした。

電車の線路に鞄をかぶった猫の写真。 (写真提供者:ジョン・ロス)ジョン・ロス(42歳)は、線路に猫がいるのに気づいたとき、フランクリン・シャトルの列車を運転していた。ロスはハンドブレーキを引いて、列車は混乱した猫から数センチ離れたところで止まった。もし彼がその動物を見つけなかったら、電車はきっと彼を殺していたでしょう。

「私はそれが何人かの子供による残酷なトリックかもしれないと思った-あるいは猫が食べ物を手に入れようとしているかもしれない」とロスはNYDailyNewsに語った。 「私は彼が生きているのを見ました—彼は動いていました」とロスは言いました。 「私は実際に彼をかわいがった。」





ロスは苦しんでいる猫の写真を何枚か撮りました。彼が猫の頭からバッグを外すと、動物はすぐに逃げました。

ロスが命の恩人になったのはこれが初めてではありません。 2009年に、彼は別の男を刺していた元受刑者に取り組み、警察が到着するまで彼を拘束しました。

ソース: NYDailyNews.com



元の投稿日:2012年8月20日

保存する

保存する