猫のためのOrbax:使用、投与量、および副作用

猫に薬液、おそらくOrbaxを与える方法。猫にピルを与える方法。男

猫用Orbaxは、獣医師が通常細菌感染症の治療に処方する抗生物質です。獣医が薬を処方する一般的な細菌感染症には、皮膚、軟部組織、尿路感染症などがあります。

Orbaxは、薬剤オルビフロキサシンのブランド名です。薬はバクテリアのDNAが合成されるのを防ぎ、最終的にバクテリアを殺すことによって機能します。それは錠剤または経口懸濁液の形で提供されます。





猫用のFDA承認薬ですが、入手するには獣医からの処方箋が必要です。正確で安全な投与量と頻度については、獣医の指示に厳密に従ってください。あなたも簡単にできます Chewyの薬局からOrbaxをオンラインで注文する 獣医の処方箋で。

猫に対するOrbaxの使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです。

猫のためのOrbaxの使用

獣医師は通常、猫が細菌感染症を治療するためにOrbaxを処方します。



この薬はフルオロキノロン系抗生物質で、膿瘍や傷などの皮膚の問題とともに尿路感染症の治療によく使用されます。

それは最終的にそれがそのDNAをうまく合成するのを防ぐことによってバクテリアを殺します。

猫のためのOrbaxの投与量

病気のぶち猫がクリニックで獣医の診察を受けています

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。



あなたの獣医は彼らが治療している状態を反映する投与量であなたの猫のためにOrbaxを処方します。

獣医が錠剤の形で薬を処方する場合、投与量は猫の体重1ポンドあたり1〜3ミリグラムのOrbaxになる可能性があります。

あなたの獣医が経口懸濁液フォームを処方する場合、彼らはあなたにそれをあなたの猫に次の用量で投与するようにアドバイスするかもしれません 体重1ポンドあたり3.4ミリグラム

治療期間は、獣医が薬を処方している特定の状態によって異なります。

獣医の投与量と投与の指示に常に正確に従うことが重要です。これには、猫に薬を投与する時間の長さが含まれます。

猫のためのOrbaxの副作用

Orbaxを服用している猫に見られるいくつかの潜在的な副作用は次のとおりです。

すべての薬と同様に、猫がアレルギー反応や、おそらくアナフィラキシーに苦しむことはめったにありません。猫にさらに深刻なアレルギー反応の兆候が見られる場合は、すぐに獣医に連絡する必要があります。

猫が誤って薬を飲みすぎて過剰摂取した場合は、すぐに救急獣医に連絡してください。

あなたの猫はOrbaxを飲んだことがありますか?それはあなたの猫が回復するのを助けましたか?以下のコメントセクションでお知らせください。