室内猫のペット保険?

(写真提供者:ゲッティイメージズ)

質問:

私は屋内の子猫を飼っていますが、そのすべてのショットとワーミングを取得するのに大金がかかりました。必要ですか ペット健康保険 彼女は屋内にいるので彼女のために?





回答:

ワクチンに費用がかかると思われる場合は、子猫が病気になったり怪我をしたりしないことを願いましょう。私たちのペットは素晴らしい獣医の世話をすることができますが、私たち自身の健康管理と同じように、それは費用がかかる可能性があります。 私 保険 は、予期せぬ事態に備えて予算を組むための単なる方法であり、事故や病気が予期せず発生した場合に獣医のケアを提供できるという安心感を提供します。

あなたの子猫を屋内に保つことは確かに屋外の猫にしばしば起こるいくつかの一般的な病状、ほとんどが偶発的なものを取り除くのを助けることができます。しかし、事故はまだ屋内で、特に子猫に起こる可能性があります。事故とは別に、発生する可能性のあるいくつかの一般的な病状には、膀胱炎、消化管の不調、耳の感染症、白血病、代謝状態などがあります。がんは通常、高齢の猫や高齢の猫に発生し、子猫では非常にまれです。



良いニュースは ペット健康保険 猫は事故や病気が少ない傾向があるため、犬よりも猫の方がはるかに安いことがよくあります。それはあなたがあなたのリスク許容度、あなたの財政、そしてあなたが80%の償還を受けることができるという安心感があなたの子猫の毎月の保険料の価値があるかどうかに基づいてあなたが下すべき決定です。