ペットの盗難啓発デー:ペットの盗難を防ぐための4つのヒント

ペットの盗難防止の日にフェンスに猫。屋外の猫は盗難のリスクが高くなります。

2月14日はバレンタインデーだけではありません。また、ペットの盗難啓発デーでもあります。ペットの飼い主がペットの泥棒について、そして愛する毛皮で覆われた家族の盗難を防ぐ方法を知ってもらうための日です。

残念ながら、多くのペットは、闘犬の指輪の餌として使用したり、子猫や子犬を売るために飼育したり、利益を得るためにひっくり返したりするために盗まれています。ペットを安全に保ち、ペットが属する永遠の家にいるための措置を講じることは非常に重要です。





ペットの盗難を防ぐために協力できるように、ペット盗難啓発デーに情報を広めるのを手伝ってください。誰かがあなたの猫と仲直りする可能性を最小限に抑えるためにあなたが取ることができる4つの賢明な予防策がここにあります。

1.猫を屋内に保つ

窓の外を見ている猫

一部の猫の飼い主にとっては論争の的となる問題になる可能性がありますが、猫の福祉と安全性を重視する場合、猫を屋内猫にすることは、これまでで最も賢い方法の1つです。

ザ・ ASPCA 猫を屋内に飼うことをお勧めします。統計によると、屋外の猫は屋内の猫ほど長生きしません。



2.猫を囲い込みます

猫を判断する際に

猫に屋外へのアクセスを許可することを主張する場合は、囲いを作成するか、 帽子 彼らのために。そうすれば、猫が放浪したり、侵入者が侵入したりすることができなくなります。

もう1つのオプションは、ひもとハーネスを使用して猫の屋外特権を制限することです。とにかく、囲いの有無にかかわらず、常に屋外での遊びを監督する必要があります。

3.猫をマイクロチップ化する

マイクロチップをチェックする猫

あなたの猫が マイクロチップ 、つまり、紛失したり盗まれたりした場合に、彼らと再会する可能性が高くなります。



マイクロチップは携帯電話のようなGPSシステムではありませんが、猫が連れて行かれ、見捨てられ、親切な見知らぬ人に救助された場合、獣医や避難所はマイクロチップを読み取って連絡先情報を見つけることができます。

多くの警察署には、失われたペットを人間と再会させるためのチップリーダーさえあります。

4.鮮明で最新の写真を維持する

猫の写真を撮る

猫が盗まれた場合は、行方不明のペットのポスターを近所に貼ったり、Facebook、Instagram、Reddit、その他のソーシャルメディアグループにオンラインで投稿して、迷子になったペットを見つけることができます。

猫の鮮明で最新の写真、特に子猫のはっきりとしたマーキングを示す画像を用意することが重要です。

ペットの盗難を防ぐのに役立つ他の賢明なヒントはありますか?ペット盗難啓発デーの盗難防止のヒントを広めるのも手伝ってくれませんか?以下のコメントでお知らせください。