猫用プレドニゾン:使用法、投与量、および副作用

飼い主が猫にプレドニゾンを与える猫用プレドニゾンは、さまざまな病気や症状を治療することができます。プレドニゾンとプレドニゾロンは、炎症を軽減し、ある種の癌を治療し、免疫系を抑制し、猫の体が十分に機能していないときに糖質コルチコイドの人工的な代替品として機能するために使用されるステロイドです。

薬はによって働きます コルチゾールと同じように作用する 、猫の副腎によって生成される天然に存在するホルモン。プレドニゾンには驚くべき抗炎症作用があり、特定の猫の病気の治療に理想的なコースです。





シロップ、液体、錠剤など、さまざまな形態があり、経口投与または注射投与が可能です。あなたはあなたの獣医に尋ねて、投与量について彼らの指示に従わなければなりませんあなたの猫にこれらの薬を与える前に。

プレドニゾンとプレドニゾロンは、猫の体が自然に生成するコルチゾールよりもはるかに強力であるため、この薬の使用に伴う潜在的な副作用があります。知っておくべきことは次のとおりです。

猫におけるプレドニゾンの使用

あなたの獣医は推薦するかもしれません プレドニゾン または、特に抗炎症剤として、特定の病気のために短期的にあなたの猫のためのプレドニゾロン。



猫での薬の主な用途は次のとおりです。

  • 皮膚のかぶれから虫刺されによるアナフィラキシーショックまで、アレルギーによるむくみを軽減します。
  • 猫の喘息
  • 上気道感染症の場合など、内部の腫れを軽減するため
  • 膵炎
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • 腎臓関連障害
  • 内分泌障害
  • 自己免疫状態

猫のためのプレドニゾン用量

猫が注射を受ける 獣医師 プレドニゾンを経口または注射で投与できます。投与する量は、猫の状態と猫がステロイドにどのように反応するかによって異なります。

たとえば、自己免疫疾患の治療を受けている猫は、1日あたり猫の体重1ポンドあたり最大3mgのプレドニゾンを必要とする場合があります。ただし、通常は1ポンドあたり1mgで投与されます。



猫は、長期的には危険な副作用を引き起こす可能性があるため、通常、プレドニゾンによる長期治療を受けるべきではありません。

癌やその他の理由で猫が肝臓の炎症を起こしている場合は、プレドニゾンを投与することはお勧めしません。あなたの猫の肝臓は変換します プレドニゾンからプレドニゾロンへ 、肝臓に負担がかかる猫は、変換能力が制限されます。

肝臓の問題に苦しんでいる猫には、プレドニゾロンが推奨されるステロイドですが、それでも少量で監視された用量です。

猫におけるプレドニゾンとプレドニゾロンの副作用

あなたの猫が処方されている場合 プレドニゾン またはプレドニゾロン、あなたは長期と短期の両方で潜在的な副作用があることを知っている必要があります。

猫でのプレドニゾンまたはプレドニゾロンの短期使用の潜在的な副作用のいくつかを次に示します。

  • 喉の渇きの増加(多飲症)
  • 腎障害および過剰な排尿(多飲症による)
  • 食欲増進(多食症)
  • 体重増加と体液貯留
  • 毛皮/脱毛
  • 猫の不安、妄想、うつ病の増加などの行動の違い
  • あえぎ

プレドニゾンまたはプレドニゾロンを長期間使用している猫に見られる可能性のある副作用のいくつかを次に示します。

  • 若いペットの成長の阻害 、それがプレドニゾンが妊娠中の猫や子猫に推奨されない理由です
  • 糖尿病
  • クッシング病
  • 嘔吐と下痢
  • 細菌と真菌の両方の感染リスクの増加
  • 消化管潰瘍
  • 無気力
  • 尿路感染症(UTI)
  • ゆっくりと治癒する傷
  • コートが貧弱または薄い

プレドニゾンによる治療中にこれらの副作用のいずれかが懸念される場合は、すぐに獣医に連絡してください。その後、獣医は投与量を変更するか、新しい治療法を探すことを勧めます。

他の薬と同じように、プレドニゾロンまたはプレドニゾンは、アナフィラキシーとして知られる重度のアレルギー反応を引き起こす可能性があります。猫にかゆみ、じんましん、呼吸困難、腫れなどのアレルギー反応の兆候が見られた場合は、すぐに獣医に連絡してください。

あなたの猫はこれまでにプレドニゾンを服用したことがありますか?効果はありましたか?あなたの猫は副作用を経験しましたか?コメントで教えてください。