猫用ロベナコキシブ:使用法、投与量、および副作用

獣医が動物病院で手術を終えた後、若い猫は心配そうに見えます。猫は首輪をつけて治療部位を乱さないようにしています。ロベナコキシブが必要な場合があります。

猫用ロベナコキシブは、獣医師が主に手術や手術後の痛みや炎症を軽減するために処方する抗炎症薬です。これは、Onsiorというブランド名でも販売されている薬の総称です。

薬は錠剤の形で提供され、猫に痛みを引き起こすことが多いCOX-2酵素との戦いを助けることによって機能します。 FDAは猫用の薬を承認しており、購入するには獣医の処方箋が必要です。





あなたは簡単にできます Chewyの薬局から猫用のロベナコキシブをオンラインで注文する 獣医の処方箋で。正確で安全な投与量と頻度については、指示に厳密に従ってください。の使用法、投与量、および副作用について知っておくべきことは次のとおりです ロベナコキシブ 猫用。

猫のためのロベナコキシブの使用

獣医師は、特に手術や外科的処置の後、痛みや炎症の量を減らすのに役立つ猫用のロベナコキシブを処方します。

この非ステロイド性の薬は、猫に痛みを引き起こす可能性のあるCOX-2酵素に作用します。



猫のためのロベナコキシブの投与量

飼いならされた黒い猫、手術後のプラスチックコーンカラーの猫、猫は彼の特別な猫のベッドで休んでいて、手術を受けたばかりの瞬間を怖がっています

以下は、猫での薬物の一般的な使用に関するガイドラインであり、個々のペットに対する獣医師のアドバイスに取って代わるものであってはなりません。

獣医師は一般的に処方します ロベナコキシブ 1日1回6mgの錠剤1錠を猫に投与します。彼らは1つだけではなく13.3ポンド以上の体重の猫に2つの錠剤を処方するかもしれません。即効性のある薬です。

獣医師が推奨する正確な投与量と投与指示に常に従ってください。これには、猫に薬を与える必要がある時間の長さが含まれます。症状が早く治ったとしても、獣医がやめるように言うまで、薬の全コースの投与を終了しなければなりません。



猫に対するロベナコキシブの副作用

ロベナコキシブは猫に次のような副作用を引き起こす可能性があります 下痢嘔吐 、そして食欲不振。

この薬を服用した後、呼吸や顔のむくみなどのアレルギー反応の兆候が猫に見られる場合は、すぐに救急獣医の診察を受けてください。

猫が薬を飲みすぎて過剰摂取に苦しんでいると思われる場合は、すぐに緊急獣医に連絡する必要があります。

あなたの獣医はあなたの猫にロベナコキシブを処方したことがありますか?それはあなたの子猫が手術から回復するのを助けましたか?次に、下のコメントセクションでお知らせください。