飼いならされた猫を育てる秘訣

彼女の黒い猫を屋外で抱き締める金髪の女性の肖像画。

飼いならされた猫を育てる ソーシャル 出産には、子猫が子宮内にいるときからでも、良好な育成、早期の取り扱い、気質の良いお母さんの猫の組み合わせが必要です。

これらの要因のいずれかが存在しない場合でも、あきらめないでください。少し余分な時間を費やせば、出て行く猫を育てることができます。





子猫を社会的な大人の猫に成長させたい場合は、次の点に注意してください。

気質は子宮から始まります

オレンジと白の妊娠中の猫は、木製のポーチの家具の上に横たわっています。

信じられないかもしれませんが、子猫の性格に影響を与える要因は、子猫がまだ母親の胎内にいる間に始まります。

獣医師のソフィア・イン博士によるブログ 猫が妊娠中に栄養不足になると、子猫に脳の欠陥が生じ、異常なレベルの恐怖や攻撃性などの問題が発生する可能性があると説明しています。



したがって、問題について何か意見がある場合は、母猫に健康的でタンパク質が豊富な食事を与えていることを確認してください。

最初の4週間はママ猫との接触が不可欠です

母猫が子猫をなめる。

子猫は、4週齢までの母親との多くの社会的接触を必要とします。子猫がこのような接触をしないと、人や他の猫を非常に恐れてしまう可能性があります。

ただし、子猫が母親に見捨てられた場合に哺乳瓶で哺乳すると、その影響を打ち消すことができます。哺乳瓶で飼育されている子猫は、多くの場合、人々の周りで非常に快適になります。



ママの性格が違いを生む

若いカップルが敷物の上に座っている間、オレンジ色の猫を抱きます。

母猫の性格も違いを生みます。子猫は母親から行動を学びます。ドアベルが鳴ったときにソファの下に隠れているなど、彼女が人々の周りに恐怖を示している場合、子猫はそれらの手がかりを拾い、自分自身で恐怖を学ぶ可能性があります。

そのため、次のポイントが非常に重要です。

子猫を若い年齢の人と交流する

茶色の子猫が人に抱かれている

子猫は成長して外向的になる可能性がはるかに高く、 フレンドリー 彼らがいる場合は人々の周り 人々によって扱われる 幼い頃から。

獣医師のYin博士は、彼女のブログで、出生から45日までの1日5分という短い子猫の扱いが、子猫の人々との社会性に大きな違いをもたらす可能性があると説明しています。

また、子猫があなただけでなくさまざまな人と出会ったり、ドアベルを聞いたり、おやつをもらったりするなど、さまざまな体験をするようにする必要があります。大人として社交的である可能性が高くなります。

子猫が外向的で人を愛する大人の猫になることを保証することは不可能です。しかし、これらのヒントに従うことで、外向的で社交的な子猫を育てる可能性がはるかに高くなります。

猫が外出することが絶対に重要な場合は、地元の避難所で飼い猫を飼うことを検討してください。猫を訪ねてその性格をチェックし、あなたにぴったりの猫を見つけることができます。

あなたの子猫は出て行きますか?子猫がもっと社交的になるのを助けるためのヒントはありますか?以下のコメントでお知らせください!