猫の目の腫れ:症状、原因、治療

獣医は、獣医クリニックでコーニッシュレックスの猫の目の腫れをチェックします

目の腫れは猫によく見られる問題であり、さまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。場合によっては、目の腫れは克服すべき軽度の問題である可能性がありますが、より深刻な問題の副作用である可能性もあります。

猫の目の腫れや炎症の最も頻繁な原因の1つは、結膜炎と呼ばれます。ただし、アレルギー、目の損傷、毒素への曝露などの他の原因も、目の腫れにつながる可能性があります。





猫の目に腫れの兆候が見られる場合は、獣医に相談してください適切な診断と治療のために。猫の目の腫れについて知っておくべきことは次のとおりです。

猫の目の腫れの症状

猫の目の腫れの最も頻繁な症状の1つは、発赤の出現です。

これは原因である可能性があります 刺激 、また、猫が通常よりもまばたきをしたり、目をこすったりする可能性があります。これらの行動により、猫が誤って怪我をしたり、問題を悪化させたりする可能性があるため、これらの問題が発生した場合は、すぐに治療を受けてください。



猫の目の腫れの最もコメントの症状のいくつかは次のとおりです。

  • 目からの水っぽいまたは粘液のような分泌物
  • 腫れているように見える3番目のまぶた
  • 曇った目
  • ほとんどの時間、片方または両方の目を閉じたままにしようとしています

猫の目の腫れの原因

若いペルシャ猫が目を拭いています

猫の目の腫れに関しては、感染症が一般的な原因です。これには、真菌、細菌、またはウイルス感染が含まれる可能性があります。

目の腫れ 猫のヘルペスの結果である可能性もあります。



猫の目の腫れのその他のよくある原因は次のとおりです。

  • 傷のある角膜
  • グラウコマ
  • 植物や毒素への暴露
  • アレルギー

猫の目の腫れの治療

あなたがあなたのことに気づいたら 猫の目 腫れているように見える、獣医に相談してください

あなたが獣医に電話するとき 腫れた目 あなたの猫では、ほとんどの場合、彼らは目の検査を進めたいと思うでしょう。これにより、何らかの形の怪我や異物が目を刺激していないことを確認できます。

目の検査中に、獣医は腫瘍をチェックし、猫の涙管が詰まっていないことを確認します。

治療に関しては、獣医は猫の目の腫れに点眼薬を処方することがよくあります。常に処方されたとおりに薬を投与し、常に治療の全過程を終了することを忘れないでください。

最後に、猫の腫れた目がきれいになった後、戻ってきた場合は、必ず獣医に戻ってください。このようにして、彼らは単なる苛立ちではなく、より深刻な問題が発生している可能性があるかどうかをより深く調べることができます。

あなたの猫は目が腫れたことがありますか?あなたの獣医はあなたが目の問題を治療するのをどのように助けましたか?以下のコメントでそれについて教えてください!