猫の買いだめ事件で起訴された3人

ニューヨーク州ハーフムーンにあるトレーラーパークで発生した猫の買いだめ事件に関連して、3人が起訴されました。 130匹以上のネコが、公園内の1つの家の中で悲惨な状態で生活しているのが発見された後、サラトガ郡の動物保護施設に連れて行かれました。

シェルター 32歳の従業員であるスーパーバイザーのダンバトラー氏は、一度にこれほど多くの動物を施設に持ち込んだことは一度もないと述べた。





トレーラーの警察の捜索で2匹の猫が死んでいるのが発見され、19匹は健康関連の問題のために安楽死させられました。

アーサー・C・ミラード(53歳)、アール・J・ミラード(26歳)、メアリー・A・ライアン(61歳)(下記参照)は、適切な栄養を証明できなかった1件(軽罪)と動物に提供できなかった1件の罪で起訴されました。 予防接種 (州の公衆衛生法の違反);有罪判決を受けた場合、彼らは最大1年の懲役と200ドルの罰金に直面する可能性があります。

によるサラトジアン、ミラーズは父と息子です。ライアンはアールの叔母であり、アーサーの義理の妹です。 3人全員が一度にトレーラーに住んでいました。



このサイト 事件について最初に報告された 先週。