猫のトキソプラズマ症:症状、原因、および治療

トキソプラズマ原虫認識概念画像。トキソプラズマ原虫のタキゾイトと寄生虫の決定的な宿主である猫を示す3Dイラスト

猫のトキソプラズマ症は人獣共通感染症であり、それを引き起こす寄生虫が動物と人間の間に広がる可能性があることを意味します。この病気は、猫がと呼ばれる寄生虫に感染したときに発生します トキソプラズマ原虫

免疫系の問題に苦しんでいる若い子猫や猫は、特にこの状態のリスクがあります。猫に感染の兆候が見られる場合は、あなたは適切な診断と治療のために獣医に行く必要があります





猫のトキソプラズマ症の症状、原因、治療法について知っておくべきことは次のとおりです。

猫のトキソプラズマ症の症状

猫のトキソプラズマ症の症状は非常に広範囲であり、症例ごとに異なります。

最も一般的な症状には次のものがあります。



  • 食欲不振と体重減少
  • 炎症を起こした目、さらには失明
  • 肝疾患
  • 黄疸
  • 一般的な無気力と演技の撤回

猫のトキソプラズマ症の原因

タキゾイト期にトキソプラズマ症を引き起こす寄生原虫Toxoplasmagondii、3Dイラスト

猫のトキソプラズマ症の原因は、T。gondii寄生虫自体または寄生虫の卵と接触することです。

これが発生する可能性が最も高い方法には、次のものがあります。

  • 感染した生肉を食べる
  • 土壌または水を介して寄生虫を拾う
  • 感染した狩猟動物を食べる
  • 感染した猫と同じトイレを使う
  • 感染した猫に引っかかれたり噛まれたりする

猫のトキソプラズマ症の治療

猫がトキソプラズマ症にかかっていると獣医師が疑う場合は、最初に完全な身体検査を行います。これには、猫の病歴を調べて、症状の原因となった可能性のある最近の事件について尋ねることも含まれます。



獣医はまた、探すために臨床検査を受けるかもしれません 抗体 、診断を確認するのに役立ちます。

あなたの獣医があなたの猫をトキソプラズマ症と診断した場合、この病気の現在の治療法はないことに注意してください。代わりに、獣医は寄生虫の繁殖を遅らせるのを助けるために抗生物質を頻繁に処方します。いつものように、獣医が猫に抗生物質を処方している場合は、コース全体を完了し、正しい投与量を厳守してください。

複数の猫がいる家庭に住んでいる場合は、感染した猫が他の猫に感染を広めないようにするための措置を講じることも重要です。特に、トイレのエリアは細心の注意を払って清潔に保ち、猫の糞はできるだけ早く処分してください。

猫のトキソプラズマ症などの感染症を予防するための措置を講じていますか?猫を健康に保つためのヒントは何ですか?以下のコメントセクションでお知らせください!