猫の尿路感染症(UTI):症状、原因、および治療

トイレの猫

尿路感染症(UTI)は、猫、特に猫に影響を与える可能性のある医学的問題です。 1〜4歳 。猫のUTIの兆候には、排尿が多すぎる、排尿に苦労している、移動中に痛みを伴う音を立てるなどがあります。 トイレの外で排尿する 、または尿中の血さえ。

猫にUTIの兆候が見られる場合は、あなたはあなたの獣医に電話しなければなりません。彼らはあなたに治療のためにあなたの猫を連れてくるように頼むかもしれません、あるいはあなたにさらなるアドバイスを提供するかもしれません。





猫のUTIの症状、原因、治療法について知っておくべきことは次のとおりです。

猫の尿路感染症の症状

トイレの猫

猫のトイレの使用状況を定期的に監視することで、異常なことを見つけて、尿路感染症にかかっているかどうかを確認できます。

猫がトイレでおしっこをしなくなったか、行こうとしているのに尿が出ていないことに気付いた場合、それは何かがおかしいという強い兆候です。



キティが通常よりも頻繁にトイレを訪れているのを見たり、トイレ以外の不適切な場所でおしっこをし始めたりした場合は、何かがおかしいことを示しています。

より深刻な尿路感染症はまた、血尿や猫の泣き声や遠吠えを引き起こす可能性があります。

これらの症状のいずれかに気付いた場合は、猫がおしっこをする様子を監視し続け、獣医に連絡してください。症状が悪化し続ける場合は、彼らに知らせてください。



猫の尿路感染症の原因

子猫とトイレ

残念ながら、猫の尿路感染症の具体的な原因は不明な場合があります。

疑われる原因の1つは尿路結石です。これは、ミネラルが尿路に集まったときに発生します。

細菌感染症やウイルスは、寄生虫とともに、猫の尿路感染症を引き起こす可能性もあります。

ストレスは尿路感染症を悪化させる可能性があります。ただし、通常、問題の背後にある主な理由ではありません。

猫の尿路感染症の治療

獣医の猫

多くの猫の尿路感染症は、医療援助なしで解決することができます。ただし、それは症状が再発しないという意味ではありません。そのため、治療について獣医に相談することが重要です。

排尿の問題を示している猫と一緒に獣医を訪ねた場合、原因が尿道の閉塞であると疑われる場合、彼らは尿サンプルを収集し、腹部超音波検査を命じることがあります。それほど深刻ではない場合、問題を解決するために処方キャットフードがしばしば推奨されます。

一般的に、猫の親として、あなたはあなたの猫のことを確認する必要があります トイレ 常に清潔で、新鮮な水が提供されており、猫は適切な食事を食べています。これは獣医がお手伝いします。

提供することも重要です ストレスのない生活環境 UTIに苦しんでいる猫のために。

あなたの猫は尿路感染症にかかったことがありますか?どのように扱いましたか?以下のコメントでお知らせください!