世界狂犬病デーは9月28日です:言葉を広め、ペットに予防接種をしましょう

猫を注射する準備ができている注射器を持った獣医。

狂犬病は、おそらく世界で最も広く知られている動物の病気です。しかしありがたいことに、毎年世界狂犬病デーに、それは最も予防可能なものの1つでもあることを思い出させてくれます。

2007年に開始されたこの毎年恒例の意識の日は、人々に次の危険性について教育するのに役立ちます。 狂犬病 北米および世界中で。今年の世界狂犬病デーである9月28日をマークして、ペットが狂犬病の予防接種を受けていることを確認し、友人や家族にペットにも同じことをするように勧めます。





世界狂犬病デーにこの言葉を広め、予防を促進し、世界中の意識を高めるのを手伝ってください。

世界中の狂犬病の影響

狂犬病の影響は悲劇的なものになる可能性があります。米国および西欧諸国の多くでは、狂犬病はありがたいことに非常にまれです。毎年平均1〜2人のアメリカ人が病気にさらされて亡くなっています。

しかし、狂犬病は毎年世界中で55,000人以上を殺していると アメリカ獣医協会 (AVMA)、病気に対する教育とペットの予防接種を行うことは、苦しんでいる地域で狂犬病感染を排除するための鍵となります。



世界規模で、死に至る人間の狂犬病の多くの症例は、犬の咬傷を介して伝染します。 100か国以上が、狂犬病感染で死亡する何千人もの人々の多くが、感染した犬に噛まれた子供であると報告しています。しかし、猫や他の動物 病気を広めることができます 、 同じように。

狂犬病の蔓延を食い止めるために人間は何ができるでしょうか?

ぶち猫の予防接種ショット

ステートメント によってタンデムでリリース 国連食糧農業機関 (FAO)、 国際獣疫事務局 (OIE)、そして 世界保健機構 (WHO)は、国の犬の人口の少なくとも70%に予防接種を行うことで、犬から人間への感染のサイクルを断ち切り、人間と犬の命を救うことができると推定しています。

狂犬病に感染した家畜も群れを一掃し、すでに貧困地域で食糧不安を引き起こす可能性があります。これにより、アフリカ、アジア、南アメリカなど、人間の狂犬病による死亡が依然としてあまりにも一般的である場所では、狂犬病の教育と予防接種プログラムが重要な公衆衛生上の問題となっています。



ここ米国では、獣医は世界狂犬病デーを利用して、狂犬病の症状と、致命的な病気の予防接種についてペットを最新の状態に保つことの重要性についてペットの親を教育しています。

猫の狂犬病の症状は何ですか?

狂犬病感染の初期段階では、猫は奇妙な中枢神経系の異常を示し始める可能性があります。これらは、猫が麻痺期、激怒期、またはこれら2つの期の組み合わせのいずれかに進行する前に、1〜3日続く場合があります。

狂犬病感染の麻痺段階では、猫は協調性がなく弱っているように見え、麻痺が続くことがあります。猛烈な段階で、猫は気質と行動の変化を示します。彼らは攻撃性と攻撃性を示すかもしれません。

その後、猫は、さらなる行動の変化、狂犬病として知られる水への嫌悪感、過度の唾液分泌または口の泡立ち、発熱、発作などの症状を示すことがあります。猫は食べたり飲んだりするのをやめ、口が垂れ下がる可能性があります。彼らは脱水症または完全な麻痺に苦しむかもしれません。

悲しいことに、狂犬病の治療法や治療法はありません。

ペットの予防接種と予防

すべての猫は、犬と同じように、生後約4か月のときに、認可された獣医から最初の狂犬病ワクチン接種を受ける必要があります。猫の親は、この恐ろしいが圧倒的に予防可能な病気から完全に保護するために、猫の友達が予防接種を受けることを常に確認する必要があります。

一部の猫の親は、定期的な狂犬病ブースターワクチンのために猫を獣医に連れて行くことを怠っています。しかし、屋内の猫でさえ、感染した野生生物と接触することによって、緩んだり、病気にさらされたりする可能性があります。

犬は、獣医の推奨に従って、生後3〜4か月で最初の狂犬病ワクチン接種を受ける必要があります。その後、彼らは彼らの残りの人生を通してブースターワクチン接種を受け続けるべきです。

しかし、狂犬病の感染は、犬、猫、人間に影響を与えるだけではありません。野生動物、最も一般的にはコウモリやアライグマもこの病気を運ぶ可能性があり、人間やペットに広がる可能性があります。

人々は野生生物との相互作用を制限し、狂犬病の疑いのある症例をできるだけ早く地元の動物管理に報告する必要があります。

狂犬病ウイルス、世界的な狂犬病撲滅キャンペーンの詳細、または世界狂犬病デーに参加する方法については、次のWebサイトをご覧ください。 狂犬病制御ウェブサイトのためのグローバルアライアンス 今日。

世界狂犬病デーにその言葉を広めるのを手伝ってくれませんか?ペットに狂犬病の予防接種もしましたか?以下のコメントでお知らせください!